CADの在宅ワークの始め方

CADの仕事の種類

CADの技術をマスターしてできる仕事は、もちろんCADで図面を作成することです。
CADで図面を作成すると言うと、建築や土木、機械設計と思われがちですが、CADはその他にもかなりたくさんの業種で必要とされています。

 

電気、金型設計、インテリア、アパレル…数え上げたらキリがありませんが、新聞や求人雑誌などの求人欄をご覧になるとわかりますが、あらゆる業界で要求されているのがCADの技術者なんです。

 

実際、設計に携わるにはそれ相応の知識や経験、資格などが要求されます。そういったものが無い場合、CADの技術を使ってのトレースの仕事になります。

 

するに、設計者がラフに描いた図面を元にCADで図面を仕上げる作業をするわけです。そういう作業の場合、設計の知識やスキルは必要ありませんので、CADの能力だけで構わないわけなんです。
設計事務所では、設計者とは別にCADオペレーターを雇っている所が多いんです。

 

設計とCADの仕事を分けることが可能なので、CADの部分だけを外注に出す会社が多くなってきています。
そうなんです、CADの仕事はアウトソーシングがし易い仕事だということなんですね。

 

でも、CADのトレース的な仕事に馴れてくると、設計事務所によっては設計の指導もしてくれる場合があります。そうすると、CADでの報酬もかなり上がってきますよ(余談ですが…)

 

 


スポンサードリンク